投資の確定申告とは

投資で必要な確定申告

投資の確定申告の方法

投資を行っている人が確定申告をする場合、もちろん普通に書類を書いて税務署まで持っていき提出する方法もあります。ただ、普段会社員として働いている人は、なかなかそういった時間も取れないでしょうし、気がつけば申告の期限を過ぎていたという状況になりかねません。そこで、インターネットを利用して申告をする方法もあります。個人事業主などはネットで申告をしていることも多く、これなら自宅にいながら手続きができますし、税務署まで足を運ぶ必要もありません。投資の方もネットで行っている人が大半でしょうから、それと併せて確定申告もネットで済ませるといいでしょう。

証券投資で確定申告をしない

証券投資をする場合には、取引きをする口座の種類によって確定申告が必要な時とそうでない時が出てきます。証券税制では配当や株式譲渡益に対して、20%の税金が掛かります。一般証券総合口座の場合には年間に掛かった税金を税務署に申告する必要が出てきます。しかし、証券会社で特定口座にして源泉徴収ありを選ぶと、自らで税務署に申告しないでも良くなります。特定口座では年間の税金を証券会社が計算をし、税務署への申告を代行してもらうことができます。また、NISA口座で証券投資をする場合も、確定申告をしなくてすみます。NISAではすべての証券取引が非課税となっているからです。

↑PAGE TOP