投資でも税金を払う

投資の収益に関する税金

投資で利益を得た場合は確定申告

投資の種類やジャンルに関わらず、それで利益を得た場合には確定申告が必要となります。基本的に会社員として働いている場合には、年間で20万円を超える利益を得たのであれば、申告をする義務が生じます。もちろん、その際に経費などを記載しておくことによって、支払う税金を抑えることは可能となりますが、いずれにしても申告はしなければなりません。したがって、もし投資で確定申告をしたくないのであれば、年間の利益が20万円以下に収まるようにしなければなりません。もっとも、それだけ稼ぐにはある程度の経験が必要なので、最初のうちは心配しなくても問題ないでしょう。

投資でも確定申告が必要

投資の場合でもそれで利益を得たのであれば、一定の条件を満たすと確定申告をしなければなりません。基本的に副業としてやっている人が多いでしょうから、年間で20万円を超える利益を得た場合には、申告の方をする必要があります。したがって、その条件を満たしていなければ、必ずしも申告をする必要はありません。ただし、それ以外の副業での収入を合わせて20万円を超えるのであれば、やはり申告をしなければなりません。ちなみに、株式投資の配当は源泉徴収が引かれているので確定申告をしなくても構いませんが、課税金額によっては申告をすれば還付をしてもらえます.

↑PAGE TOP